Entry: main  << >>
そら植物園


今日の散歩はひとりで、気の向くままに。
プラントハンター(植物の新種を求めて世界中を探検する人のこと)の西畠清順氏の『そらみみ植物園』という本を読んで以来そのスケールの大きな世界を見てみたいと思っていた。氏もプロジェクトの立ち上がりから参加している商業施設の庭園を桜の季節に観に代々木へ。いままで代々木は通過点であまり出向く機会は無かった。この日は生憎、検索機能が入った携帯を忘れて出てしまい、駅前で腕組をした若いおまわりさんに「駅から近くて、予備校の跡地で、1階に植物園があって、、、」と、覚えている範囲の情報を元に聞いてみた。「『代々木ヴィレッジ』のことですか?」とあっさり、言われてしまった。
代々木駅西口から歩いて2〜3分で到着。エントランスをくぐって右側に推定樹齢500年のオリーブの木がある。この木はスペインから海上輸送で数千キロを運ばれて来たそうだ。植物には由来や説明が書かれたプレートが立てられていて、敷地全体はやや小振りだが、珍しい植物の図鑑を見ているような楽しみのある庭園だった。
署名/笹川
 
| from sasa | 13:33 | comments(2) | - |
Comment
東京は 植物園も多いけど 何たって 街中に
植物、大きな木がアチコチに植樹されてますよね。大都会でビルも建物も多いけど、植物が
共に生息してるのが 良いな〜と思います。
Posted by: kei |at: 2014/04/08 5:53 PM
そうなんですよね意外と東京ミツバチが多いようです。個人でもプランターで花を楽しんでいる人が相当いますものね。スケールメリットでしょうか(笑)そういえば銀座松屋の屋上で養蜂してハチミツを摂って販売しています。
Posted by: kotobuki |at: 2014/04/09 11:54 AM